Research

Our goal is to elucidate how the brain controls “innate” behaviors, including sleep/wakefulness, feeding, emotional behavior, parental behavior, sexual behavior and aggression, which are required for the survival of the individual and the species. We mainly use genetically-modified mice together with viral vectors to uncover neural substrate and neural code of instinct. We believe that what we obtain from our functional-neuroanatomic research enable us to understand human behaviors and disease, and to develop therapeutic interventions. We actively collaborate with various research institutes and laboratories such as University of Tsukuba, IIIS, and to contribute to neuroscience and functional anatomy as a characteristic and productive laboratory.

広義の本能行動を制御する神経科学的基盤を解明することを研究テーマとしています。具体的には、睡眠覚醒、摂食、エネルギー代謝、情動行動、養育行動、性行動、攻撃行動といった、ヒトの行動や疾患にフィードバックできる行動を研究対象としています。主に、マウスをモデル動物として用いており、さまざまな遺伝子改変マウスやウイルスベクターを用いた機能解剖学的アプローチを中心としています。 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構をはじめてとして、様々な研究機関、研究室と共同研究を積極的に展開し、小さいながらも生産性の高い特徴ある研究室として神経科学、機能解剖学の分野で貢献をしていきたいと考えています。