NatureSleep

SIK3-Sleepy mutant

A forward genetic project at the University of Tsukuba established Sleepy mutant mouse which shows short total wake time and long total NREM sleep time. Sleepy mutant mouse has a splice mutation in Sik3 gene which encodes a protein kinase
筑波大学のフォワード・ジェネティクス研究で樹立されたSleepy変異マウスは覚醒時間が減少し、NREM睡眠時間が増加します。Sleepy変異マウスはSik3遺伝子にスプライス変異があります。
変異型のSIK3はエクソン13でコードされた52アミノ酸が欠失します。この52アミノ酸の欠失と覚醒時間の減少とのリンクが、目下の大きなミステリーとなっています。

Funato et al. Nature 2016

東邦大学プレスリリース